理想の顔の形

女医

美容整形を考える

美容整形では小顔になることもできて、引き締まった小顔を好む人が美容整形に行くことも多いです。小顔になることで、ほっそりとした印象を与えることもできます。小顔の施術を受けるにはまず美容外科のカウンセリングに行く必要があります。顔を削るかボトックスを使用するかの判断をカウンセリングで行います。ボトックスやヒアルロン酸を活用する施術はプチ整形とも呼ばれていて、ダウンタイムも少なくてより気楽に受けることもできます。こうした施術は30分以内に終了することもできます。顔の形に関する悩みは人によって異なっていて、エラの張った輪郭を何とかしたい人も多いです。エラをなくすことで、柔らかい印象になることもできます。顔の輪郭形成をする際には、顔のラインのことを考える必要もあります。鼻先から口先のラインは特に意識する必要があり、Eラインが直線であるほど望ましいとされています。丸いおでこを作って顔の印象を変えることもできますし、掘りを深くすることなどもできます。美容整形はかなり進化しているので、顔の輪郭形成はメスを使用することもできますし注射で行うこともできます。顔の輪郭を大きく変えたい場合はメスを使用する施術を選択して、プチ整形にしたい時はボトックス注射などを活用します。プチ整形で小顔形成をしたい時は顔の表情筋肉を少なくするために、ボトックス注射を打ちます。ボトックス注射の施術もメスを使用する輪郭形成と同様に高い技術が求められます。解剖学や筋肉の構造などに詳しくて、その知識を活かすことができる医師に施術を任せることが大切です。小顔形成では採取した脂肪を顎先に入れることもあり、シャープなVラインを作ることも可能です。綺麗な卵型のフェイスラインになりたい人は多いです。ほほ骨下のこけた部位に脂肪を注入することで、理想的な小顔になることもできます。実際に顔を削る前にはレントゲンで削る範囲を正確に計測して、シミュレーションを使用して施術後の予測を立てます。シミュレーションを活用するカウンセリングは、納得行くまで何度も行うことも大切です。美容整形をする時は特定の施術だけでなく、様々な施術を組み合わせることも多いです。小顔の形成と同時にまぶたの脂肪などをメスで除去することもありますので、美容外科を選ぶ際にはその美容外科の特徴を知ることが大切です。オールラウンドの手術が可能な美容外科は臨機応変な対応が可能で信頼することができます。美容外科では麻酔を使用することが多くて局所麻酔を活用することもありますし、静脈麻酔を活用することもあります。麻酔は痛みに対する不安を和らげる効果があり、美容外科では独特の笑気麻酔などを活用していることもあります。