顔を小さくできる医療施術

看護師

特徴や注意点を把握する

小顔施術の代表格になったボトックス注射は、メスを使用しないので気軽に受けられるプチ整形として評判です。注射のためある程度の痛みがありますし、副作用として内出血・腫れなどが発生することがあります。効果の持続期間は3〜6ヶ月くらいであり、永久的に効果が続くわけではありません。ボトックス注射は医師の技術力がモノを言うので、症例件数が豊富にあるクリニックで受けましょう。注射する場所の僅かなズレによって効果が変わるので、ボトックス認定医の在籍するクリニックがおすすめです。施術後は身体に負担をかけないこと、体温を上昇させないことなどがポイントになります。ヒアルロン酸注射も小顔施術としてよく活用されており、もともと人体に存在する成分のため非常になじみやすいです。気をつけたいことはボトックス注射と同様に、医師の技術が仕上がりに影響することです。失敗すると凹凸が発生してしまう可能性があるので、美容注射を得意とするクリニックで受けてください。効果は3〜6ヶ月くらいですが、1年間くらい実感する方もいます。美容注射全般はすべて自費診療になるので、全額自己負担になる点は注意してください。小顔期間を延ばすためには小顔メイクを身につけるなどして、効果を少しでも長持ちさせる必要があります。小顔になりたい女性は美容整形の小顔施術を受けてみましょう。エステサロンはマッサージを主体としたケアになるため、筋肉を緩和したり骨を削ったりすることはできません。美容整形ならエラ張りやアゴ・ホホなど、気になる部分を引き締めて輪郭形成することが可能です。フェイスラインを綺麗に仕上げることが可能なので、容姿にコンプレックスを抱えている方におすすめします。人気の治療法はボトックスとヒアルロン酸注入で、注射で完了するので非常に気楽です。ボトックスはエラ張りを解消するのに最適で、過剰に発達した筋肉を緩和させられます。アゴ骨を切除する方法が確実ではありますが、恐怖感を覚える方は少なくありません。ボトックス注射ならダウンタイムもほとんどなく、すぐに日常通りの生活が実現します。ボトックスは眉間やおでこのシワ解消のためにもよく活用されています。ヒアルロン酸注射は顔の輪郭を整えるために役立ち、バランスよいフェイスラインを実現してくれます。アゴをスッキリと見せたい、ホホに適度な膨らみを持たせたい、などのお悩みにも対応可能です。ヒアルロン酸は化粧品やサプリで摂取してもあまり吸収されませんが、注射ならスポット的に届けられます。肌の保水力を高めて弾力性ある状態に導いてくれるメリットもあります。