顔の形に合う手術方法

女性

顔の骨を少し削るだけでも、顔立ちがスリムに見せる事は可能ですから、小顔整形に興味を持った方々は手術を受けてみてください。施術後の過ごし方なども医師が丁寧に教えてくれるので、安全に傷口を完治させる事ができます。

詳しく見る

理想の顔の形

女医

小顔形成をする時は顔をどのくらい削るかの判断も大切ですし、ボトックス注射をどのように活用するかを決める必要もあります。小顔形成では脂肪を注入することもありますし、多様な施術を組み合わせることも多いです。

詳しく見る

大きな顔に悩んでいるなら

診察

頭身やエラや体の大きさが原因で、顔が大きく見えると感じる方が小顔になりたいなら、美容クリニックに訪れましょう。ただし、ボトックス注射と骨を削る手術の両方を検討したいなら、美容整形外科がある美容クリニックを選ばなければいけません。

詳しく見る

顔を小さくできる医療施術

看護師

初めて小顔施術を受ける方はそれぞれの方法のデメリットも知っておきましょう。注射による施術には痛みや腫れを伴いますし、施術後の経過を良好にするには身体に負担をかけないことが重要です。エステやセルフケアに限界を感じたら医療施術をおすすめします。

詳しく見る

脂肪細胞を減らす注射

看護師

セット料金もある

丸みのある体つきは女性らしいので問題なくても、あごの脂肪がもたつくのは嫌だと感じる人は多いです。ダイエットしてもあごの脂肪は落ちにくいと言われているため、美容整形の小顔施術でも、脂肪を分解する薬剤を使った輪郭注射が用意されています。脂肪を分解する薬剤と聞くとなんだか怖いと感じる人もいるでしょうが、近頃主流の薬剤は、メディカルハーブと言われる植物や海藻など植物から成分を抽出したものが主成分です。主成分である西洋トチノキや西洋胡桃、海藻のヒバマタなどは昔からヨーロッパで医薬品として使われてきた実績のある成分で、副作用も特にないとされています。ケミカルなものが主成分だと不安という人も、安心して施術が受けられると好評です。脂肪細胞を減らすことにより痩せられるので、リバウンドの可能性が低いのも大きなメリットです。輪郭注射は3回ほど行うのが推奨されており、最後の注射から1週間後くらいから段々と効果が目に見えるようになります。注射後のダウンタイムもほとんど必要なく、誰にも気付かれずに自然な感じで小顔を手に入れることが可能です。また、あごだけでなく、頬や鼻の脂肪に対しても注射できます。それにより、さらに小顔に、また鼻のラインをすっきりさせることも不可能ではありません。美容整形を受けたことがある人は増加していると言われていますし、受けてみたいと考える人も増加傾向にあるとされています。しかし、実際に受けた人が周囲に言うことは少なく、できれば知られたくないと考える人が多いです。輪郭注射は高い確率で小顔になるにも関わらず、誰も美容整形したとは感じない点で安心感があります。また、注射直後に腫れる人は少ないため、時間を有効に使える点も安心です。輪郭注射は美容外科や美容皮膚科で行われます。初診料は3,000前後、施術費用は1cc当たり3,000円から5,000円が相場です。注入量は個人差があるでしょうが、4ccから5cc注入するクリニックが多いです。ということは1回当たり12,000円から25,000円かかるという計算になります。推奨回数は3回なので、3回セットや5回セット料金を用意しているクリニックも少なくありません。脂肪が多めの人はセット料金を利用するとお得です。セット料金はあご単体だけでなく、あごと頬のセット料金を用意している場合もあります。それにエラが張っている人はボトックス注射と組み合わせたり、たるみが目立つ人はDMAEが主成分の輪郭注射と組み合わせたりすることで、さらなる小顔効果が期待できます。